スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりに

Category : 戯言
フリーノベルゲームをプレイしていました。
九州壇氏様の「君と再開した日」という作品です。

私は人憶えが悪く同窓会ではほとんど名前が出てこないような人間です(^^;
15年以上も会って無いとまあさっぱりです。
そうは言っても思い出すことが全く無いわけではないわけで。

同窓会でなくても中学の頃の友人ともたまには集まるわけで。
まあ35も目前になるとほとんど結婚してて子供もいたりするわけですが。

とそんな話はどうでもよく作品の方ですが。
短い時間に綺麗にまとまっている作品だと思いました。
こういった作品をプレイするとだらだらと冗長な作品を作りだす自分はダメだなあと思うわけで。
いらんこと書き過ぎているのだろうなとしみじみ思うわけで。

私は前述のとおりの男なので同窓会にこれといった思い入れもありませんが、だからでしょうか作品を作品として楽しめたというかひとつの物語として見れたのではと思います。

蒼鷺旅館様の作品もそうでしたがこう「まとまっている」のですよね。
そこいくと私の作品は「まとまっていない」のですかね。

後書きを読んで思ったのですが私自身「死」を軽くみているわけではないのですが私の作品は「人が死ぬ」のですよね。
そして以前「死は感動を与えられる」といったことも書いたことがあります。無論、「死」そのものが感動を与えるわけではなくそれに付随するものが与えるわけですが。
……といいつつCPPでは人は死んではいないような気もしますが、まあ私自身もそこに安易にいきたくはないのでしょう。

CAV、CSHは選択肢のある作品でしたので「死」は絶対ではなかった。
CPPは選択肢がありませんので殺さなかったのかもしれません。
……といいつつCSHでは「死」のルートがトゥルーエンドでしたが。

まあその辺からリアルの方で身近な人の死に触れ始めたことも大きいのかもしれません。

call4では人は死ぬのかどうなのか(^^;ヒミツですが。
子供が産まれるっていう現在、やはり命のことは考える。
命のことっていうか今だけじゃなくて未来のことも考える。

生きることの意味とかをなんとなく考えますわな。
いや、意味なんかわからんのですけどね。
まあ誰かと関わっている以上、必要な命なのだと思うのですが。
イコール意味のある命なのでしょうが。

てなことで九州壇氏様の「君と再開した日」、30分程度でプレイできる作品なのでプレイしてみてはいかがでしょうか。
スポンサーサイト
プロフィール

吾妹 木綿 wagimo yu

Author:吾妹 木綿 wagimo yu
呼び声のするトコロは
2003-2007に製作された
「call project」一連作品の
いろいろをなんか製作者の
吾妹木綿がアレコレと書いてくブログです

count
DownLoad
最新記事
最新コメント
カレンダー
08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。