スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名前をつけるということ

Category : 戯言
創作活動している中でかなりたくさんの名前を決めてきた。
それは勢いで決めたりキャラの雰囲気から決めたり好きな響きで決めたりいろいろだった。

でもそれはあくまで創作の架空の人物の名前に過ぎなかった。
いやそれはそれで私が産み出したキャラの名前であるので非常に愛着はある。
それでもその名前達はその作品の中でだけ生きている名前で誰もプレイしなくなれば忘れられていくのだろう。

そうして今、私はまた新たな名前を考えている。
もう1カ月近く悩んでいる。

その名前の決め方は今までとは違う。
その名前は今までとは比べ物にならないくらいに重い。

勢いで決める人もいるだろう。
好きな文字を当てる人もいるだろう。
画数を気にする人もいるだろう。
それでもそこにある思い入れは今までのどんな創作の名前よりも深い。

漢和辞典を読みつくし、命名辞典を読みあさる。
言い伝えや様々な慣習も調べている。
名字と合わせた読みが変になっていないか?
なにか変な意味の言葉ではないか?
おかしなあだ名をつけられていじめられるような言葉ではないか?
古めかしすぎないか?
斬新すぎやしないか?
そして創作とは違い、私一人ではなく周囲の意見も入り込んでくるかもしれない。

全てに応える名前はきっと決められないだろう。
相反する慣習だってある。
それでもその中から意味を、希望を、思いを込めて名前を決めなければならない。

それはゲームをプレイされる数時間だけ読まれる名前ではない。
虚構の存在につくられる名前ではない。
これから数十年、一人の人格に与えられる「命」なのだから。

今までつけてきた名前は正直、数分で決めたものがほとんどだ。
しかし今考えている名前はもう十数時間悩んでいる。
そしてその名が与えられるその瞬間までまだこの先の何ヶ月の間、十数時間、いや数十時間悩むだろう。

産み出すことの楽しさ、そしてそこに伴う責任を今、ひどく感じている。
それはとても重く、苦しく、息がつまりそうになるくらい深い。
それでもやはり、それはとても楽しく、わくわくすることなのだ。

それに向き合える私はきっととても幸せ者なのだろう。
ひとつの命の親になるということはそれだけでとても幸せなことなのだと思う。

Comment

非公開コメント

プロフィール

吾妹 木綿 wagimo yu

Author:吾妹 木綿 wagimo yu
呼び声のするトコロは
2003-2007に製作された
「call project」一連作品の
いろいろをなんか製作者の
吾妹木綿がアレコレと書いてくブログです

count
DownLoad
最新記事
最新コメント
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。